タンパク不足の問題

実際にキャットフードを選ぶ場合、タンパク質が重要になる理由について紹介します。ここでは、猫のタンパク質が不足してしまっている場合に発生する問題について紹介します。タンパク質タンパク質というのは、そもそも身体を構成するために必要となる素材のような成分です。そのため、このタンパク質が十分に摂取できていない場合、猫の身体には発育の遅れや、体重減少、さらには臓器機能の低下などの悪影響がか起こる事が多くあります。特に注意しなければならないのは子猫の場合で、子猫の時に十分なタンパク質が得られていない場合、将来的な成長にも大きな影響を及ぼす可能性が高くなります。未熟な状態のままでの成長をしてしまうと、臓器機能が恒久的に低下してしまうことも考えられるため、特に気を使って考える必要があるでしょう。

ただ、大は小を兼ねるというものであるかというと、そういうわけでもありません。過剰過ぎるタンパク質を与えることは、エネルギー過多状態となってしまい、肥満に繋がることになります。これは同時に排泄が必要となる有毒物質の増加を意味していることでもあり、そのための濾過機能である腎臓に負担をかけることにもなるため、注意しなければなりません。

高タンパクのポイント

キャットフードの品質について見る場合、1つの指標となるポイントとして、どの程度のタンパク質が割合として含まれているのか、ということをあげることができます。それぞれのキャットフードを見て、まずタンパク質割合が26%以下となっているものについては、あまり健康的なキャットフードであるとは言えません。タンパク質

これについては、そもそも猫が人間に比べて体重比率で多くのタンパク質を必要としている動物であることが大きく関係しています。人間の場合これだけタンパク質割合が高い食事というのはかえって身体に良くないものではありますが、猫の場合は体重比率にして人間の6倍弱のタンパク質を必要としている動物であるため、26%というのは最低限必要なタンパク質比率の基準となるものです。

しかし、これについても議論がある部分であり、より多くのタンパク質が必要であるという論も少なくありません。というのも、猫は元々肉食の動物であるということもあり、必要とされるタンパク質量がそもそも多い動物である為です。さらに、猫は運動を多くする動物であるということもあり、それによる消費量についても考えるとさらに多くのタンパク質が必要になることが考えられます。そのため、出来るだけ高タンパクのキャットフードを選んであげると良いでしょう。

高品質キャットフード

犬や猫など、様々なペットを家族の一員のようにかわいがっている、という人も今では多いのではないでしょうか。こういった家族の一員については、より長く、より健康的に生きてほしい、と願うことが飼い主にとっては当たり前のことです。より健康的に生きてほしいというよりも、そうなるように考えることがペットを飼う者としての義務でもあるといえるでしょう。こういったことを実現するためには、しっかりとした知識を持ち、正しい食事を与えるということが大きな近道となります。人間と同じような感覚で食事を与えていると、栄養不足や栄養過多などの問題が生じ、臓器への負担が高まることによって病気を誘発してしまう可能性があります。ここでは、特に猫について、どのような食事が必要とされる動物であるのかについて紹介します。

猫に対する食事については、基本的にはキャットフードのような専用の食事を与えるように考えるようにしましょう。人間の食事をそのまま与えても問題がないようなものも中にはありますが、多くの場合は塩分過多です。人間はかなり塩分を受け入れられる力が高いものの、動物に同じような塩分量のものを与えていると一気に高血圧になってしまい問題が起こる可能性が高くなります。また、禁忌食品も動物によって違っているため、その点も考えると専用のキャットフードを使用する方が健康的であり、安心であると言えるでしょう。この先では、高品質なキャットフードについて紹介します。