タンパク不足の問題

実際にキャットフードを選ぶ場合、タンパク質が重要になる理由について紹介します。ここでは、猫のタンパク質が不足してしまっている場合に発生する問題について紹介します。タンパク質タンパク質というのは、そもそも身体を構成するために必要となる素材のような成分です。そのため、このタンパク質が十分に摂取できていない場合、猫の身体には発育の遅れや、体重減少、さらには臓器機能の低下などの悪影響がか起こる事が多くあります。特に注意しなければならないのは子猫の場合で、子猫の時に十分なタンパク質が得られていない場合、将来的な成長にも大きな影響を及ぼす可能性が高くなります。未熟な状態のままでの成長をしてしまうと、臓器機能が恒久的に低下してしまうことも考えられるため、特に気を使って考える必要があるでしょう。

ただ、大は小を兼ねるというものであるかというと、そういうわけでもありません。過剰過ぎるタンパク質を与えることは、エネルギー過多状態となってしまい、肥満に繋がることになります。これは同時に排泄が必要となる有毒物質の増加を意味していることでもあり、そのための濾過機能である腎臓に負担をかけることにもなるため、注意しなければなりません。