高タンパクのポイント

キャットフードの品質について見る場合、1つの指標となるポイントとして、どの程度のタンパク質が割合として含まれているのか、ということをあげることができます。それぞれのキャットフードを見て、まずタンパク質割合が26%以下となっているものについては、あまり健康的なキャットフードであるとは言えません。タンパク質

これについては、そもそも猫が人間に比べて体重比率で多くのタンパク質を必要としている動物であることが大きく関係しています。人間の場合これだけタンパク質割合が高い食事というのはかえって身体に良くないものではありますが、猫の場合は体重比率にして人間の6倍弱のタンパク質を必要としている動物であるため、26%というのは最低限必要なタンパク質比率の基準となるものです。

しかし、これについても議論がある部分であり、より多くのタンパク質が必要であるという論も少なくありません。というのも、猫は元々肉食の動物であるということもあり、必要とされるタンパク質量がそもそも多い動物である為です。さらに、猫は運動を多くする動物であるということもあり、それによる消費量についても考えるとさらに多くのタンパク質が必要になることが考えられます。そのため、出来るだけ高タンパクのキャットフードを選んであげると良いでしょう。